アジング 初心者・入門 釣り

釣り初心者のためのアジング入門【ワーム編】

投稿日:2018-07-31 更新日:

今回はアジングで使用するワームに
ついてご紹介していきます。
各メーカー様々な色や形の
ワームが発売されています。
臭い付きのものだったり、
発光したりなどなど
各メーカーから沢山のワームが有り
アジング初心者の方は何を買って良いか
迷うと思いますが、基本的には何でも釣れます。
釣れる時は何を使っても釣れます。
なので、自分の釣り方に合ったものや
魚のサイズ・好きなメーカーなどなど
自分の中のお気に入りを見つけられるようにしましょう♪




ワームについて

アジングのワームは沢山の種類が発売されていて
釣り人を日々悩ませています。
形状も多いしカラーまで含めると…。
アジング初心者にとっては
釣れるワームが知りたい!!っと言うのは
当たり前の事で、初心者じゃなくても知りたいです…。

ワーム関しては、正直な話好みです。
形状や長さ、色など経験や状況によっても変わります。
まずはお気に入りのワームを見つける事が
大事になってきます。
他の釣り人に聞いて、使ってみるのも良いですし
釣具屋に聞いても良いです。
まずは使ってみる事が大事です。
その中で、自分に合ったものや
信頼できるワームを探していきましょう!!

一応、下記にはおすすめのワームを
紹介しておきますがね…。

アジング初心者の方におすすめするワーム

ワームの種類は沢山あり、
正直、紹介しきれないので
自分が今まで使用してきたワームの中で
おすすめのワームを紹介していきたいと思います。

reins アジリンガー

レインズのアジリンガーです。
アジングで使用するワームの中でも
定番中の定番になります。
おすすめする理由としては、
カラーを選らなければ、殆どのの釣具屋で
入手する事が出来ます。

入手できなければ実際に使えないので
いくら釣れるワームであっても意味がありません。

普通に釣れるワームです。
値段もそこまで高くもないです。
素材が柔らかめなのであまり針持が
良くありません
が、極端に弱いわけでは
ありません。
リブ形状によって、水の抵抗を受けるので
ストレート系のワームよりも
操作する時に手元に伝わりやすいです。
なので、軽いジグヘッドを使う時や
アジングを始めたばかりの初心者の方に
おすすめのワームです。
デメリットとしては、
カラーバリエーションが豊富すぎて
迷うのがデメリットでしょうか…。

reins アジアダー

レインズのアジアダーです。
こちらも入手しやすくカラーも豊富です。
アジリンガーよりもリブが小さいです。
アジリンガーよりもアピールを落としたい時
こちらを使います。
アジングだけでなくメバリングでも
自分はよく使用します。
このワームで良い思いをした事あるので
信頼度も高いワームです。

ティクト フィジットヌード

ティクトのフィジットヌードです。
細長いストレート系のワームで、
素材も柔らかく、アジが吸い込みやすいです。
動きも艶めかしいので、
自分の中ではよく使うワームです。
入手もし易いのも良いです。
耐久性はそこそこあるので、
一本で10匹以上は持ちますし、
少し千切れても使う事が出来ます。



おすすめのワーム(訳アリ)

こちらで紹介するワームは
少し入手しずらいものや取り扱いが
面倒なものが多いですが、
自分の中ではよく使うワームなので
ご紹介します。

がまかつ トレモロ

がまかつのトレモロです。
自分の行く釣具屋さんで売っているのを
見た事がありません。
いつもネットで購入しています。
マテリアルにハリがあるので
フグにも強くて丈夫です。
一本で何十匹も持ちます。
とても経済的で、ハリのあるワームですが
ジグヘッドに真っすぐ刺しやすい構造になって
いあるので、ダイワのワームのように刺し難い事はありません。

ベイトブレス ニードルリアルフライ

ベイトブレスのニードルリアルフライです。
釣具屋で見る事もありますが
欲しいカラーが売っている事は少ないです。
ストレート系のワームですが
小さなリブが入っていて、
少し振動しながら動きます。
素材も柔らかくて、入り数も多いので
気に入っています。
自分はアジングする際には必ず投げるワームです。

バークレイ ガルプ ベビーサーディン

ガルプのベビーサーディンです。
臭い付きワームの中でも強力で、
魚を引き付けるパワーが異常なほどあります。
最近リニューアルされていて、
液漏れ対策もされたパッケージに代わっています。

入手もし易いですが、液漏れや臭いなど
管理が面倒などで、あまり初心者の方には
おすすめできないかも…。
魚の活性が低い時やコマセに付いているアジを
釣る時には活躍してくれます♪

まとめ

簡単ではありますが
アジングで使用するワームについて
ご紹介しました。
形状や色、柔らかさなど
色々と選択肢の多いワームですが
沢山の種類のワームを試していって
自分の好みのものを見つけてほしいです。

今回紹介したワームは2インチ前後のものですが
それよりも長いものを自分はよく使用します。
魚のサイズや活性、水の色などなど
様々な条件に適したワームを選択
出来るようになると、アジングがもっと楽しくなると思います。

レンタグル



スポンサーリンク

-アジング, 初心者・入門, 釣り
-, , , ,

Copyright© 釣り初心者のいろは , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.