初心者・入門 道具 アジング

釣り初心者のためのアジング入門【ライン】

2018-07-22

今回はアジングで使用するライン(道糸)に
ついてご紹介していきます。
ラインについてもロッドと同様に
釣り方によって変えていくのが良いと思います。
今回は、エステル、フロロ、PEについて
ご紹介します。




アジングで使用するラインの種類

ラインの特徴については、
過去の記事で紹介しているので
ご一読いただくと良いと思います。

それぞれのラインにはメリットデメリットが
存在するので、その事を踏まえて
ラインを選ぶと良いと思います。
釣る場所やスタイルによってもラインを
使い分けていくと、釣果も変わってきます。

アジングで使用するラインの使い分け

アジングではジグヘッド単体で釣る方法や
スプリット、キャロ、フロートなどを使って
遠投する釣り方、メタルジグを使用する釣り方
などがあります。
それぞれの釣り方に適したラインがあるので
個別に紹介します。

エステルライン

エステルを使用する場合は主に
ジグヘッド単体やスプリットリグを
使用する際に用いられる事が多いです。
特に初心者の方はその二つにのみ使用した方が
無難だと思います。

エステルラインの特徴として
瞬間的な衝撃に弱いです。
なのでキャストする際に切れる事があります。
特に重たいものを投げる時には
気を付けないと切れてしまいます。
なので、エステルラインを使用する際は
ジグヘッドかスプリット程度までの重さが
最初は良いと思います。

エステルラインの特徴としては
伸びが少ないので、アタリが伝わりやすいです。
また、比重もあるので、風にも強い特徴が
あります。

ジグヘッド単体であればエステルをおすすめします。
自分がアジングで使用しているエステルは
サンライン(SUNLINE) ソルティメイト 鯵の糸です。
太さは0.35号を使用しています。
尺以上のアジでも問題なく耐えられます。
初心者の方は0.35号で慣れてから
細くしていくと良いと思います。
最初から0.2号などはやめた方が良いです。
直ぐに切れてしまいます。

フロロカーボンライン

自分がアジングを始めた時は
フロロを使用していました。
理由としては、比重が重いため風に強く
軽いジグヘッドでも沈める事が出来たからです。

また、エステルやPEなどと違い
リーダーを必要としないので
使用していました。

フロロは瞬間的に切れないので、
ジグ単、スプリット、小型のメタルジグなどを
使用する事が出来ます。
フロロの弱点としては、伸びる事と
ラインに癖が付きやすく、
ライントラブルが多くなる点です。

ラインの伸びは、アタリが鈍ります。
しかし、ラインが重たいので
明確なアタリでなく、テンションの変化や
抑え込むようなアタリを取る事がし易いです。
ラインの癖ですが、これは注意しながら
釣りをするしかありません。
質の悪いフロロはすぐにライントラブルが
起こるので、注意が必要です。

リールに巻いてから、最低でも2日はラインを
馴染ませないと、すぐにライントラブルが発生します。
初心者の方には使い易いようで
使い難いラインかもしれません。
自分が使っていたフロロラインは
シーガー R-18フロロリミテッド
使用していました。
このラインはフロロにしてはしなやかで
リールへの馴染みも良くて
トラブルが少なかったです。
フロロの中でも高級品です。



PEライン

PEラインは万能です。
ジグ単、スプリット、キャロ、フロート、メタルジグ
何でもこなせます。
釣り方によって太さを変えれば
様々な状況に対応できます。

唯一の弱点は、風に弱い事でしょうか…。
比重が軽いので、基本的には水に浮きます。
なので、軽いリグは苦手です。
沈める事が出来ません。

比重の重たいPEラインも発売されているので
これから色々と進化していくと思います。

こちらもエステルと同様にリーダーが
必要なのが面倒なところですが
慣れてしまえばあっという間に結べますし、
簡単な結び方もあるので
色々と調べてみると良いと思います。

価格は他のラインと比べると高いですが
ラインとしての寿命は長いので
結果的にはPEラインの方が安く済むと思います。
自分が使用しているPEラインは
G-soul X8 UPGRADEです。
トラブルも少なく、とても気に入っているラインです。
価格が高いですが、変なPEラインを使うよりも
よつあみ製のラインを使った方が
良いと思っているので、
PEラインはこちらを使っています。

まとめ

簡単ではありますが
アジングで使用するラインになります。
他にも新しい素材のラインや
コーティングしてあるラインなど
各メーカーが色々なラインを出しているので
気になったものは使用してみると
良いと思います。
自分の気に入ったラインを使うのが一番なので♪

初心者の方が使うのであれば
ジグヘッド単体でアジングをやるのであれば
エステルをおすすめします。
その他、重たいリグを使用するのであれば
PEラインをおすすめします。
フロロについては、アジングに慣れてから
使用してみると良いと思います。

初心者・入門 LSJ

LSJ(ライトショアジギング)とは

LSJ(ライトショアジギング)について 今回はご紹介したいと思います。 LSJのターゲットとしては主に青物になります。 魚が回遊してくれば、初心者の方でも簡単に 魚を釣る事が出来るので人気の有る ジャンルの釣りになります。 目次1 LSJ(ライトショアジギング)1.1 釣れる魚1.2 タックル2 ルアー LSJ(ライトショアジギング) ルアーフィッシングのジャンルの中でも 人気があり、手軽に出来て 小型~大型の魚を狙う事が出来ます。 メタルジグを用いて、堤防や砂浜から 魚を狙います。 釣れる魚 基本的には ...

続きを読む

初心者・入門 アジング

釣り初心者のためのアジング入門【釣り方編】

今回はアジの釣り方について 説明しようと思います。 アジングはリールを巻くよりも リグをフォールさせて食わせるのが 一般的なので、その方法についてご紹介していきます。 目次1 L字釣法2 ドリフト釣法3 リーリング(ただ巻き)4 レンジの探り方5 まとめ L字釣法 自分が最も多用しているのが L字釣法と呼ばれる釣り方です。 自分の狙っているレンジに沈めたら 軽くティップを2~3回動かして 誘いとリグを少し持ち上げます。 その後、ロッドを自分の方に向かって ゆっくりと引いてきます(サビク) そうする事によっ ...

続きを読む

アジング

真夏の豆アジ攻略方法【アジング】

夏になるとなかなか良い型のアジが 釣れなくなり、豆アジのシーズンとなります。 豆アジは豆アジで美味しいのですが アジングで釣るのは難しくなってきます。 そこで今回は、自分がやっている豆アジングに ついてご紹介したいと思います。 豆アジでも良いから、アジングがしたい!!っと いう方向けの記事になります。 目次1 タックル2 狙うポイント3 ジグヘッド3.1 フックについて3.2 ガン玉について4 ワーム4.1 34 ジュニア 1.3インチ4.2 ドリームアップ マッカム4.3 がまかつ トレモロ5 まとめ ...

続きを読む

初心者・入門 アジング

釣り初心者のためのアジング入門【ワーム編】

今回はアジングで使用するワームに ついてご紹介していきます。 各メーカー様々な色や形の ワームが発売されています。 臭い付きのものだったり、 発光したりなどなど 各メーカーから沢山のワームが有り アジング初心者の方は何を買って良いか 迷うと思いますが、基本的には何でも釣れます。 釣れる時は何を使っても釣れます。 なので、自分の釣り方に合ったものや 魚のサイズ・好きなメーカーなどなど 自分の中のお気に入りを見つけられるようにしましょう♪ 目次1 ワームについて2 アジング初心者の方におすすめするワーム2.1 ...

続きを読む

初心者・入門 道具 アジング

釣り初心者のためのアジング入門【ジグヘッド】

今回はアジングで使用するジグヘッドに ついてご紹介していきます。 各メーカー様々な形や重さの ジグヘッドが発売されています。 それぞれの特徴を捉えて、自分に合った ジグヘッドを使う事をおすすめします。 目次1 ジグヘッドの形状【ヘッド形状】1.1 ラウンド型1.2 バレット型1.3 矢じり型2 ジグヘッドの形状【フック形状】2.1 ノーマルゲイプ2.2 オープンゲイプ2.3 クローズゲイプ3 シャンクの長さ4 まとめ ジグヘッドの形状【ヘッド形状】 主に3種類あります。 ラウンド型、バレット型、矢じり型に ...

続きを読む

スポンサーリンク

-初心者・入門, 道具, アジング
-, , , ,

Copyright© スタートフィッシング.net , 2020 All Rights Reserved.