サビキ 初心者・入門

コマセ不要のジグサビキとは!?【初心者必見‼】

2018-06-23

今回はコマセを使わないサビキ釣り
ジグサビキを紹介したいと思います。
サビキ釣りと言うよりも
ほぼルアー釣りと思ってもらって良いです。
使う道具はライトショアジギングで
使うようなタックルから投げサビキで使う
タックルまで幅広いです。
コマセを使わないので、色々と楽なところが
ジグサビキの良い所です。




ジグサビキとは?

サビキ仕掛けでは通常
コマセを使って、魚を寄せて
サビキを食わせる釣り方ですが
ジグサビキは、コマセを使わないので
魚を寄せる事が出来ません。

回遊してくる魚の群れの中に
サビキを入れて、食わせる釣りになります。

簡単に言うとエサを使わないサビキ釣りです。
どちらかと言えばルアー釣りになります。
アジやカマス、青物などは小さな小魚を
食べるので、サビキが小魚に見えるため
コマセ無しでも釣れてくれます。
また、コマセに付いている魚も
問題なくジグサビキで釣る事が出来ます。
もちろん普通のサビキでも
小魚に付いた魚を釣る事が出来ます。

サビキ釣りもルアー釣りも
魚の群れに投げ込めばほとんどの場合
釣れる事が多いので、魚の活性が
高い時は、ジグサビキでも
普通のサビキでも関係なく釣れます。

ただし、普通のサビキはコマセを
使うので、魚を寄せたり、留めたり
出来ますが
ジグサビキはそれが出来ません。
ココが大きく違うところです。

ジグサビキの仕掛け

ジグサビキの仕掛けですが、
1番シンプルなのが普通の
サビキ仕掛けです。
道糸にサビキ仕掛けを結んで投げるのが
一番簡単です。

専用の仕掛けも販売されていますし
カマスを狙う場合は、
サビキがカマス用になっているものもあります。

堤防からのキャスティングに最適。キャスティングしやすいショート設計。 リアバランスで安定したキャストを実現。操作性抜群。オリジナルジグ。

使用している竿が短い場合は、
市販のサビキ仕掛けを半分に切って
使うか、ジグサビキの仕掛けを
使う方がオススメです。

理由は仕掛けの長さです。
短い竿の場合は仕掛けが長いと
キャストしずらくなります。
慣れれば大丈夫ですが、
最初のうちは短い仕掛けをオススメします。

ただし、長い仕掛けにもメリットがあります。
それは仕掛けが長いので、探れるレンジが
長くなる事です。
ジグサビキの場合は、レンジをコントロール
しなければなりません。
投げサビキの場合は、ウキでレンジコントロール
出来ますが、ジグサビキは自分で
レンジコントロールしなければなりません。

レンジコントロール出来るか出来無いかで
釣果に差が出できます。
これはルアー釣りでも同じ事ですが、
魚のバイトレンジにルアーが無いと
ただルアーを泳がせているだけになってしまいます。
バイトレンジにルアーを入れる事が
釣果につながります。
なので、仕掛けが長いと、
多少レンジがズレていても
仕掛けの長さでカバー出来るメリットが有ります。

使用するオモリですが、
ジグサビキの場合はメタルジグを
使用する事が多いです。
理由としては、ルアー釣りですので
メタルジグを付けていると
そちらに魚が掛かる場合が有ります。
普通のナス型オモリだと魚は掛かりません。

もう一つはメタルジグは、
魚に対してアピール力が有ります。
魚をフラッシングで寄せる効果が有るので
メタルジグを付けましょう。
メタルジグの種類も色々有りますが
それは別の機会に紹介します。
何を使っていいかわからない場合は
100均のメタルジグで大丈夫です。
ただし、スプリットリングとフックは
交換しないと、後悔する事になります。


ジグサビキのタックル

ジグサビキのタックルは、
先で紹介したように
投げサビキのタックルや
ライトショアジギングタックル
その他には、エギングタックルや
シーバスタックルでも出来ます。

基本的には、18g~40g程度のウエイトが
投げられれば問題無いです。

ジグサビキの釣竿

使用するメタルジグの重さによって
決めると良いと思います。
ジグサビキの為にロッドを
購入する必要は無く、
他の釣りで持っているロッドを
流用するのがオススメです。
ロッドの長さは2m以上のものがオススメです。

防波堤のウキ釣り・サビキ釣りに最適な、オールラウンドに対応する万能モデル
大人気のライトショアジギングデビューにぴったりのモデル。振り切りやすく、ジャークさせやすいレングスで体力面の負担も小さく長時間の釣りも可能。

あまり硬いロッドだと、
アジなどは暴れて口切れする
恐れがあるので、穂先は柔らかいものが
良いです。

ジグサビキのリールとライン

リールついては、普段使用しているもので
構いません。
投げサビキやルアー釣りで使用している
もので十分対応できます。
ラインに関しては
PEラインをオススメします。
理由は飛距離です。
PEラインの方が単純に同じ強度の
ラインだと細いので飛距離が出ます。
もしPEラインを使用していなければ、
ナイロンでも構いませんが、
圧倒的にPEラインの方が有利になります。

親しみやすいクラスでありながら、安定した基幹部分とハイスペックな機能満載で、ソルトウォーターなどハードな環境にも対応。剛性と耐久性が高く、これから始めたい方にも熟練のアングラーにも最適なシリーズ。
(社)日本釣用品工業会釣糸部会制定の「PE糸の太さ標準規格」に準じたハイクオリティーPEライン。号数はジャパンユニットである。「0.8号」表記を用いるのであれば、ジャパン規格の0.8号糸であるべきでしょう。アップグレードは、このジャパン規格に当社独自技術であるWX組工法を用いたWX8本組です。更に、GP加工を施すことによりラインに絶妙のハリとコシを持たせ、操作性と耐摩耗性を大幅に向上し、高強力を実現しています。ナイトシーバスやエギのフォール等でのアタリをとらえやすいよう1m毎15cmバイトマーカーを配置。

ジグサビキの釣り方

基本的にはルアー釣りで用いる
リフト&フォールという釣り方です。
竿を下から上に持ち上げてリフトします。
持ち上げた後にロッドを止めて
仕掛けをフォールさせます。
これの繰り返しです。
リフトの幅やフォールの時間などは
状況に合わせて行います。
フォール中にアタリが出る事が多いです。
色々な動かし方を試してみて
魚からの反応を得られる誘い方を
見つけていきましょう!

まとめ

ジグサビキはサビキ釣りですが
ルアー釣りの要素が強いです。
釣果を出すには、魚の居場所を見つける事が
一番重要です!
その為に必要なのは、飛距離と
レンジコントロールです。
魚のいる場所まで届かないとダメですし、
魚がいるレンジにサビキを通さないと釣れません。
どの釣りも魚が居なければ釣れませんが、
普通のサビキと違うのは、
移動しやすい事です。
魚が居なければ、移動して魚を探していきましょう
サビキ釣りよりも道具が少なくて良いので
慣れてしまうと、ジグサビキの方が
楽になってきます。
自分の場合は、エギングやロックフィッシュを
狙う際は必ずジグサビキを持っていきます。
大きなアジやカマスが釣れていたら
釣りたくなってしまので…。
本命が釣れなかった時の保険としても
ジグサビキは優秀ですし、
思わぬ大物も釣れるので、釣りに行く際は
忍ばせておくと良いと思います♪

初心者・入門 LSJ

LSJ(ライトショアジギング)とは

LSJ(ライトショアジギング)について 今回はご紹介したいと思います。 LSJのターゲットとしては主に青物になります。 魚が回遊してくれば、初心者の方でも簡単に 魚を釣る事が出来るので人気の有る ジャンルの釣りになります。 目次1 LSJ(ライトショアジギング)1.1 釣れる魚1.2 タックル2 ルアー LSJ(ライトショアジギング) ルアーフィッシングのジャンルの中でも 人気があり、手軽に出来て 小型~大型の魚を狙う事が出来ます。 メタルジグを用いて、堤防や砂浜から 魚を狙います。 釣れる魚 基本的には ...

続きを読む

初心者・入門 アジング

釣り初心者のためのアジング入門【釣り方編】

今回はアジの釣り方について 説明しようと思います。 アジングはリールを巻くよりも リグをフォールさせて食わせるのが 一般的なので、その方法についてご紹介していきます。 目次1 L字釣法2 ドリフト釣法3 リーリング(ただ巻き)4 レンジの探り方5 まとめ L字釣法 自分が最も多用しているのが L字釣法と呼ばれる釣り方です。 自分の狙っているレンジに沈めたら 軽くティップを2~3回動かして 誘いとリグを少し持ち上げます。 その後、ロッドを自分の方に向かって ゆっくりと引いてきます(サビク) そうする事によっ ...

続きを読む

アジング

真夏の豆アジ攻略方法【アジング】

夏になるとなかなか良い型のアジが 釣れなくなり、豆アジのシーズンとなります。 豆アジは豆アジで美味しいのですが アジングで釣るのは難しくなってきます。 そこで今回は、自分がやっている豆アジングに ついてご紹介したいと思います。 豆アジでも良いから、アジングがしたい!!っと いう方向けの記事になります。 目次1 タックル2 狙うポイント3 ジグヘッド3.1 フックについて3.2 ガン玉について4 ワーム4.1 34 ジュニア 1.3インチ4.2 ドリームアップ マッカム4.3 がまかつ トレモロ5 まとめ ...

続きを読む

初心者・入門 アジング

釣り初心者のためのアジング入門【ワーム編】

今回はアジングで使用するワームに ついてご紹介していきます。 各メーカー様々な色や形の ワームが発売されています。 臭い付きのものだったり、 発光したりなどなど 各メーカーから沢山のワームが有り アジング初心者の方は何を買って良いか 迷うと思いますが、基本的には何でも釣れます。 釣れる時は何を使っても釣れます。 なので、自分の釣り方に合ったものや 魚のサイズ・好きなメーカーなどなど 自分の中のお気に入りを見つけられるようにしましょう♪ 目次1 ワームについて2 アジング初心者の方におすすめするワーム2.1 ...

続きを読む

初心者・入門 道具 アジング

釣り初心者のためのアジング入門【ジグヘッド】

今回はアジングで使用するジグヘッドに ついてご紹介していきます。 各メーカー様々な形や重さの ジグヘッドが発売されています。 それぞれの特徴を捉えて、自分に合った ジグヘッドを使う事をおすすめします。 目次1 ジグヘッドの形状【ヘッド形状】1.1 ラウンド型1.2 バレット型1.3 矢じり型2 ジグヘッドの形状【フック形状】2.1 ノーマルゲイプ2.2 オープンゲイプ2.3 クローズゲイプ3 シャンクの長さ4 まとめ ジグヘッドの形状【ヘッド形状】 主に3種類あります。 ラウンド型、バレット型、矢じり型に ...

続きを読む

スポンサーリンク

-サビキ, 初心者・入門
-,

Copyright© スタートフィッシング.net , 2020 All Rights Reserved.