初心者・入門 知識・ハウツー

釣り初心者の必需品!ライフジャケットについて

2018-06-28

今回はライフジャケットについて
書いていきます。
釣りをしている時にもしも
落水してしまったら…。
服を着た状態だと非常に動きにくく
水を吸った服は重くて、
浮いていられるかも微妙なところです。
そんな時に命を守ってくれるのが
ライフジャケットになります。




ライフジャケットの必要性

どんな釣りをする際にも
必ず着用してください!!
命を守るものです。
釣りをする際の最低限の服装だと
思ってください!
と書きますが
書いている本人も釣りを始めたばかりの頃は
着けていませんでした。

初心者の方にとっては、
ライフジャケット< 他の釣り具
これは当然の構図だと思います。
ライフジャケットにお金を使うくらいなら
他の釣り具を買いますよね。
その気持ち、よくわかります。
でも、ライフジャケットは必需品です!
安くても良いので、着てください!
"もしも"の時に必要です。

特に小さいお子さんと釣りに来ている方で
子供に着けていないのをよく見かけます。
これは1番危険です。
子供の行動は読めないので、
何をするかわかりません
子供と釣りに行く際は必ずライフジャケットを
着用させてあげましょう!!

ライフジャケットの種類

ライフジャケットにも色々と種類が有ります。
ボンベでガスを注入して浮力を得るもの
浮力のある素材が入っているもの
ベルト式やフローティングベストなど
簡単に紹介したいと思います。

ベルト式(腰巻)

ベルトで腰に巻いて固定するタイプです。
ガスボンベで浮力を得ます。
手動膨張と自動膨張が有りますが、
確実なのは手動膨張です。
メーカー品でなければそこまで高価な
ものでは有りません。
腰巻タイプは、釣りする際には
1番楽なタイプです。
腕周りに何も無いので、釣りしてる際も
邪魔になりません。
欠点としては、穴が空いたらお終いなのと
ボンベがちゃんと作動しないと
浮力を得られません。

磯場や堤防に付いている貝などで
穴が空いてしまうと、浮力を失うので、
堤防や砂浜などで着用するにはおすすめです。



ベルト式(肩掛け)

こちらもガスボンベで浮力を得るタイプです。
腕周りに少し掛かってくるので
釣りをする際に邪魔になるかもしれませんが、
許せる範囲だと思います。
船釣りなどでよく使用するタイプです。
腰巻のものよりも少し価格が高いです。
こちらも手動膨張と自動膨張が有ります。

船で使用する際は、今年から法律が改正されて
国土交通相承認マーク通称桜マークの
付いているものでないと、
法律違反になってしまうので注意が必要です。

ベストタイプ

浮力材が入ったベストタイプのものです。
様々なタイプが発売されています。
特にルアー釣りや磯釣りのタイプは
収納が多くあり、釣りに使用する殆どの道具を
携帯できるようになっています。

ベストタイプは、体を覆っている面積が多いので
転倒した際にクッションの役割を果たしてくれます。
磯場やテトラ帯などで釣りをする方は
ベストタイプがおすすめです。
自分はフローティングベストを使用しています。

欠点としては、釣りをする際に邪魔になる事が
有ります。
慣れるまでは動きにくくなるので注意が必要です。
また、道具を入れすぎると重くなるので
長時間釣りをする際は体力を奪われます。
自分で道具の量を上手く調整しないと
肩や腰が痛くなってくるので
道具の詰めすぎは注意が必要です。

サーフや川などでウェーダーを使用する際は
必ずフローティングベストを着用してください!
これは釣りに限った事ではありません。
ウェーダーを履いた状態で転倒した場合
水がウェーダーに入ると、
空気の逃げ場が無くなってしまい
足の方に空気が溜まります。
そうすると、足が浮いてしまい
頭が下になってしまうので、
上手く浮く事が出来なくなります。
なので、フローティングベストを着ていれば
体が浮くので、頭が下になる事がなくなります。
なので、ウェーディングの際は必ず
フローティングベストを着用しましょう!

バッグタイプ

小物やルアーケースなどを入れられる
バッグにライフジャケットが付いた
ものが発売されています。
ランガンの際にはとても役に立つアイテムだと思います。

まとめ

ライフジャケットは釣りをする際の必需品です。
釣り具を揃えるよりも先に購入しましょう!
落水しない為のお守りとして購入しても良いですし
落水してしまった時には命を守ってくれます。
最近は釣り場でもライフジャケットをしている人が
増えてきましたが、それでも全員ではないです。
落水事故が起きた場合、
その釣り場立ち入り禁止になったり
釣り禁止になったりしてしまいます。
釣り場がだんだん減っている現状も有ります。
貴重な釣り場を無くさない為、自分や家族の命を
守る為にも必ずライフジャケットを着用しましょう!
アウトドア&フィッシング ナチュラム

初心者・入門 LSJ

LSJ(ライトショアジギング)とは

LSJ(ライトショアジギング)について 今回はご紹介したいと思います。 LSJのターゲットとしては主に青物になります。 魚が回遊してくれば、初心者の方でも簡単に 魚を釣る事が出来るので人気の有る ジャンルの釣りになります。 目次1 LSJ(ライトショアジギング)1.1 釣れる魚1.2 タックル2 ルアー LSJ(ライトショアジギング) ルアーフィッシングのジャンルの中でも 人気があり、手軽に出来て 小型~大型の魚を狙う事が出来ます。 メタルジグを用いて、堤防や砂浜から 魚を狙います。 釣れる魚 基本的には ...

続きを読む

初心者・入門 アジング

釣り初心者のためのアジング入門【釣り方編】

今回はアジの釣り方について 説明しようと思います。 アジングはリールを巻くよりも リグをフォールさせて食わせるのが 一般的なので、その方法についてご紹介していきます。 目次1 L字釣法2 ドリフト釣法3 リーリング(ただ巻き)4 レンジの探り方5 まとめ L字釣法 自分が最も多用しているのが L字釣法と呼ばれる釣り方です。 自分の狙っているレンジに沈めたら 軽くティップを2~3回動かして 誘いとリグを少し持ち上げます。 その後、ロッドを自分の方に向かって ゆっくりと引いてきます(サビク) そうする事によっ ...

続きを読む

アジング

真夏の豆アジ攻略方法【アジング】

夏になるとなかなか良い型のアジが 釣れなくなり、豆アジのシーズンとなります。 豆アジは豆アジで美味しいのですが アジングで釣るのは難しくなってきます。 そこで今回は、自分がやっている豆アジングに ついてご紹介したいと思います。 豆アジでも良いから、アジングがしたい!!っと いう方向けの記事になります。 目次1 タックル2 狙うポイント3 ジグヘッド3.1 フックについて3.2 ガン玉について4 ワーム4.1 34 ジュニア 1.3インチ4.2 ドリームアップ マッカム4.3 がまかつ トレモロ5 まとめ ...

続きを読む

初心者・入門 アジング

釣り初心者のためのアジング入門【ワーム編】

今回はアジングで使用するワームに ついてご紹介していきます。 各メーカー様々な色や形の ワームが発売されています。 臭い付きのものだったり、 発光したりなどなど 各メーカーから沢山のワームが有り アジング初心者の方は何を買って良いか 迷うと思いますが、基本的には何でも釣れます。 釣れる時は何を使っても釣れます。 なので、自分の釣り方に合ったものや 魚のサイズ・好きなメーカーなどなど 自分の中のお気に入りを見つけられるようにしましょう♪ 目次1 ワームについて2 アジング初心者の方におすすめするワーム2.1 ...

続きを読む

初心者・入門 道具 アジング

釣り初心者のためのアジング入門【ジグヘッド】

今回はアジングで使用するジグヘッドに ついてご紹介していきます。 各メーカー様々な形や重さの ジグヘッドが発売されています。 それぞれの特徴を捉えて、自分に合った ジグヘッドを使う事をおすすめします。 目次1 ジグヘッドの形状【ヘッド形状】1.1 ラウンド型1.2 バレット型1.3 矢じり型2 ジグヘッドの形状【フック形状】2.1 ノーマルゲイプ2.2 オープンゲイプ2.3 クローズゲイプ3 シャンクの長さ4 まとめ ジグヘッドの形状【ヘッド形状】 主に3種類あります。 ラウンド型、バレット型、矢じり型に ...

続きを読む

スポンサーリンク

-初心者・入門, 知識・ハウツー
-, ,

Copyright© スタートフィッシング.net , 2020 All Rights Reserved.