初心者・入門 泳がせ釣り

釣り初心者でも簡単!サビキを利用して高級魚を狙う!!

2018-06-26

今回はサビキ釣りの際に
高級魚を釣る方法について紹介
したいと思います。
若干詐欺っぽいタイトルですが
ご了承ください。
サビキで釣る方法とサビキで釣った
魚で釣る方法があります。




サビキで高級魚を釣る方法

方法は簡単です。
サビキで魚が掛かったら
そのまま放っておけば良いんです。
普通の落とし込みのサビキの場合は、
魚が掛かったら底まで沈めると
良いかもしれません。

ターゲットとしては
ヒラメ・青物・ハタ類などが狙えます。
サビキに掛かった魚を狙って
上のような魚がサビキでかかる事があります。
細い仕掛けだと切られてしまうので
太めのラインを使った
仕掛けがおすすめです。

弱点としては、バレやすい事と
エサの魚が逃げてしまいやすい事です。
サビキで釣る場合はどうしても
バレやすいですし、
サビキのハリだとちょっと小さいです。
一応、放ったらかし仕掛けが
発売されているので、こちらを使うと
普通のサビキよりもバレにくいかもしれません。

サビキ釣り、特に投げサビキを
やっていると、よくヒラメが掛かる事が
有ります。
サビキで釣れる小魚を狙っており
ハリに掛かった小魚は格好のターゲットに
なるので、フィッシュイーターが飛びついてきます。


泳がせ釣り

この釣り方は、サビキで釣った小魚を
エサにして、フィッシュイーターを狙う
釣り方になります。
これ専門でやっている方も多いです。
サビキや釣具屋で活き餌を確保し
魚を泳がせて、より大きな魚を狙って
いきます。
上記で紹介したサビキで釣る方法よりも
エサの魚が外れ難いので
本気で高級魚を狙うのであれば
こちらの釣り方がおすすめです。

釣り方

泳がせ釣りは様々な釣り方が有ります。
ウキを使うものや使わないもの。
魚を自由に泳がせるものや
ある程度レンジを固定して狙うものなど
様々です。

一番簡単なのはエレベーター仕掛けです。
仕掛けも単純で、道糸に重りを結び
投げても落とし込んでも構いません。
オモリだけ沈めた後に、スナップサルカンに
ハリスとハリを結んで、エサの小魚を
ハリにつけて、スナップに道糸を通して
道糸に沿って沈めていきます。
こうする事で、エサとなる小魚が、
オモリから水面まで自由に泳ぎまわります。
フィッシュイーターが近くに居ると
エサの小魚が暴れ出すので、
暴れだしたら、魚が食いつくタイミングまで
待ちましょう、小魚を飲み込んだら
アワセを入れますが、
アワセを入れるタイミングがとても難しいので
経験を積んでいきましょう!
エサの魚が暴れだしてからのドキドキ感は
病みつきになります。

泳がせ釣りの必需品

泳がせ釣りをする上で
必要なのがエサとなる魚を
生かしておくためのバケツとエアポンプです。
これが無いと直ぐにエサの魚が死んでしまいます。
直ぐにエサが手に入れば良いですが、
エサを常に確保しておいた方が絶対に良いです。
エサが無いと出来ない釣りなので、
必ず用意しましょう。

エアポンプが有れば、酸欠で魚が
死ぬ事は防げます。
ただし、水は入れ替えてあげた方が良いので、
気がついたら交換してあげましょう。

まとめ

サビキ釣りをしながら
釣れた小魚をエサに大物を狙うのが
一番良いと思います。
注意して欲しいのは、
竿を魚に持って行かれないように
何処かに固定するか、
ドラグを緩くしておきましょう。
油断しているとあっという間に
海の中に引きずり込まれてしまいます。
※アワセを入れる際はドラグを締めてください。

この釣りは本当に面白い釣りですし、
普段のサビキ釣りでは釣れない魚も釣る
事が出来るので、おすすめです。
サビキ釣りと同時に出来るのが
良いところです。
ヒラメやハタ類などは高級魚ですから
チャンスが有れば是非チャレンジしてみてください!
アウトドア&フィッシング ナチュラム

初心者・入門 LSJ

LSJ(ライトショアジギング)とは

LSJ(ライトショアジギング)について 今回はご紹介したいと思います。 LSJのターゲットとしては主に青物になります。 魚が回遊してくれば、初心者の方でも簡単に 魚を釣る事が出来るので人気の有る ジャンルの釣りになります。 目次1 LSJ(ライトショアジギング)1.1 釣れる魚1.2 タックル2 ルアー LSJ(ライトショアジギング) ルアーフィッシングのジャンルの中でも 人気があり、手軽に出来て 小型~大型の魚を狙う事が出来ます。 メタルジグを用いて、堤防や砂浜から 魚を狙います。 釣れる魚 基本的には ...

続きを読む

初心者・入門 アジング

釣り初心者のためのアジング入門【釣り方編】

今回はアジの釣り方について 説明しようと思います。 アジングはリールを巻くよりも リグをフォールさせて食わせるのが 一般的なので、その方法についてご紹介していきます。 目次1 L字釣法2 ドリフト釣法3 リーリング(ただ巻き)4 レンジの探り方5 まとめ L字釣法 自分が最も多用しているのが L字釣法と呼ばれる釣り方です。 自分の狙っているレンジに沈めたら 軽くティップを2~3回動かして 誘いとリグを少し持ち上げます。 その後、ロッドを自分の方に向かって ゆっくりと引いてきます(サビク) そうする事によっ ...

続きを読む

アジング

真夏の豆アジ攻略方法【アジング】

夏になるとなかなか良い型のアジが 釣れなくなり、豆アジのシーズンとなります。 豆アジは豆アジで美味しいのですが アジングで釣るのは難しくなってきます。 そこで今回は、自分がやっている豆アジングに ついてご紹介したいと思います。 豆アジでも良いから、アジングがしたい!!っと いう方向けの記事になります。 目次1 タックル2 狙うポイント3 ジグヘッド3.1 フックについて3.2 ガン玉について4 ワーム4.1 34 ジュニア 1.3インチ4.2 ドリームアップ マッカム4.3 がまかつ トレモロ5 まとめ ...

続きを読む

初心者・入門 アジング

釣り初心者のためのアジング入門【ワーム編】

今回はアジングで使用するワームに ついてご紹介していきます。 各メーカー様々な色や形の ワームが発売されています。 臭い付きのものだったり、 発光したりなどなど 各メーカーから沢山のワームが有り アジング初心者の方は何を買って良いか 迷うと思いますが、基本的には何でも釣れます。 釣れる時は何を使っても釣れます。 なので、自分の釣り方に合ったものや 魚のサイズ・好きなメーカーなどなど 自分の中のお気に入りを見つけられるようにしましょう♪ 目次1 ワームについて2 アジング初心者の方におすすめするワーム2.1 ...

続きを読む

初心者・入門 道具 アジング

釣り初心者のためのアジング入門【ジグヘッド】

今回はアジングで使用するジグヘッドに ついてご紹介していきます。 各メーカー様々な形や重さの ジグヘッドが発売されています。 それぞれの特徴を捉えて、自分に合った ジグヘッドを使う事をおすすめします。 目次1 ジグヘッドの形状【ヘッド形状】1.1 ラウンド型1.2 バレット型1.3 矢じり型2 ジグヘッドの形状【フック形状】2.1 ノーマルゲイプ2.2 オープンゲイプ2.3 クローズゲイプ3 シャンクの長さ4 まとめ ジグヘッドの形状【ヘッド形状】 主に3種類あります。 ラウンド型、バレット型、矢じり型に ...

続きを読む

スポンサーリンク

-初心者・入門, 泳がせ釣り
-

Copyright© スタートフィッシング.net , 2020 All Rights Reserved.