初心者・入門

釣り初心者がルアーで最初の一匹を釣るために必要な事は…?

2018-07-12

今回はルアーで魚を釣るのに必要な事に
ついてご紹介したいと思います。
エサ釣りと違いルアー釣りは
釣り初心者にとってはハードルが高い
釣りです。
自分は海のルアー釣りでアジング・メバリング・
ライトショアジギングなどを楽しんでいます。
ルアー釣りは最初の一匹を釣るまでが
とても遠い道だと思います。
誰かに教えてもらえる環境があれば
最初の一匹はすぐに釣れるかもしれませんが、
釣り初心者の方が一人でルアー釣りを
始めると、最初は何も釣れない事が多々あり、
なかなか釣れない釣行が続いてしまい
最終的にはルアー釣りを諦めてしまう人も
多いと思います。
そうなる前に、読んでいただけたら幸いです。




釣りたい魚を釣るために必要な情報

これはルアー釣りに限った話では
ありませんが、釣り初心者の方には
覚えておいてほしい所です。

ターゲットの生態

釣りたい魚の生態は事前に調べておきましょう
どんな場所に生息しているのか?
何を捕食しているのか?
生息地域は?
産卵時期は?
などなど、ターゲットの生態を知る事で
いつどこで狙えば良いかのヒントを
得る事が出来ます。

場所

まずは場所です。
ターゲットの魚が釣れる場所、
もしくは釣れている場所に行きましょう。

魚が居なければ、どんなに良い道具を
持っていても釣れません。

釣りをする上で場所は重要です。
と言うか場所で決まる事が多いです。
場所に関しては、釣具屋や釣り場に
いる釣り人などに話を聞くと良いです。
もちろん自分の目で確認するのも
重要ですし、ネットの情報も活用しましょう♪

時期・時間

場所の次に重要なのは
ターゲットの釣れる時期と時間です。
まずは時期ですが、
ターゲットの魚がいつからいつまで釣れるのか?
非常に重要です。
場所は良くても、この時期には魚が居ないのでは
釣れる魚も釣れません。
ターゲットの魚の釣れる時期は
場所同様に、釣具屋や釣り場での
情報収集、ネットの情報が重要になっています。
色々な情報を活用していきましょう。

次は時間です。
魚が釣りやすい時間や
魚が回遊してくる時間があります。
特にショア(陸)からの釣りは
魚の回遊は重要です。
ショアからの釣りは、船での釣りと違い
魚の居る場所へ簡単に移動できません
ショアの場合は魚の釣れる時間はシビアに
決まっています。
特に回遊性のある魚がターゲットの場合は
非常に重要です。
例外もありますが、釣り易いのは
朝マズメと夕マズメがの時間帯になります。
時間帯についても情報収集は重要です。
釣り具や釣り場での情報収集、
場所に通う事で、その釣り場の特徴を捉え、
釣果につなげていきましょう。、

雑誌・動画・ブログの活用

これは単純に、ルアー釣りについて知る為に
必要な事です。
昔は、雑誌や本などがメインでしたが
今の時代であれば好きな時に動画で
見る事が出来ます。
本で見るのと動画で見るのでは
やはり情報量が異なるので
初心者の方は見ておいた方が良いです。
その中で、このルアーは釣れるとか
この状況にはこのルアーが良いとか
ありますが、気になったら使ってみると
良いです。
ルアーに関しては本当に沢山の
種類やカラーが発売されているので
最初は自分の気になったものを
購入すれば良いと思います。



釣り場での情報

一番の情報は釣り場で自分で
見て、感じる事です。
釣り場に行くと、調べた事や聞いた事との
ギャップが必ずあります。
自分の目で見る事で新たに得られる
情報を活用していきましょう。

また、実際に釣りをしている方もいるので
話を聞いたり、その人の動きやルアーの種類
色などを観察して、真似してみましょう
釣れている人の真似をするのが釣果への近道です。
釣り場では釣りにも集中する必要がありますが
周りの状況を把握するのも重要です。
周りがどんな状況なのか?
何処が釣れているのか?
何が釣れているのか?
など、次回以降に役に立つ情報が
釣り場には沢山あります。

その情報の蓄積が、将来必ず役に立つので
色々な事に興味を持ちましょう。

まとめ

釣りは情報と場所が重要です。
魚が居る場所がわかれば
後は釣るだけです。
釣る方法は、自分で考えたり、調べたり、
周りから教わったりなどなど工夫が必要です。
ルアー釣りに限った事ではないですが
経験を重ねる事で自分の引き出しも増えます。
引き出しが増えると、
魚を釣る確率も上がってきます。

周りにルアー釣りをしている方が
いらっしゃるのであれば、
素直に色々教えて貰うのが
一番上達します。
どんな道具を使えば良いのか?
どんなルアーを揃えれば良いのか?
どんな竿を買えば良いのか…リールは?
など、素直に聞く事で沢山の情報を得られます。
もしかしたら、使わなくなった
道具が貰えるかもしれません。
ぜひ探してみてください。

ルアー釣りは海の状況によっては
何を投げても釣れる事もあります。
釣り場に通うと、この時間からこの時間まで
釣れる時間でこの時間になると終わりなども
自然と分かるようになります。
魚の回遊するタイミングや
魚の活性の上がるタイミングを逃さず
投げ続ける事が重要です。

最初の一匹が釣れれば
後は同じように釣れば良いだけです。
最初の一匹を釣る事で色々な事がわかりますし
自信も出てきますし、道具に対しても
信用出来るようになります。
自分は間違っていなかったとか
この場所には魚が居るって事が
分かっただけでも、
初心者の方には大きな前進です。
最初の一匹が釣れるように頑張りましょう!!

初心者・入門 LSJ

LSJ(ライトショアジギング)とは

LSJ(ライトショアジギング)について 今回はご紹介したいと思います。 LSJのターゲットとしては主に青物になります。 魚が回遊してくれば、初心者の方でも簡単に 魚を釣る事が出来るので人気の有る ジャンルの釣りになります。 目次1 LSJ(ライトショアジギング)1.1 釣れる魚1.2 タックル2 ルアー LSJ(ライトショアジギング) ルアーフィッシングのジャンルの中でも 人気があり、手軽に出来て 小型~大型の魚を狙う事が出来ます。 メタルジグを用いて、堤防や砂浜から 魚を狙います。 釣れる魚 基本的には ...

続きを読む

初心者・入門 アジング

釣り初心者のためのアジング入門【釣り方編】

今回はアジの釣り方について 説明しようと思います。 アジングはリールを巻くよりも リグをフォールさせて食わせるのが 一般的なので、その方法についてご紹介していきます。 目次1 L字釣法2 ドリフト釣法3 リーリング(ただ巻き)4 レンジの探り方5 まとめ L字釣法 自分が最も多用しているのが L字釣法と呼ばれる釣り方です。 自分の狙っているレンジに沈めたら 軽くティップを2~3回動かして 誘いとリグを少し持ち上げます。 その後、ロッドを自分の方に向かって ゆっくりと引いてきます(サビク) そうする事によっ ...

続きを読む

アジング

真夏の豆アジ攻略方法【アジング】

夏になるとなかなか良い型のアジが 釣れなくなり、豆アジのシーズンとなります。 豆アジは豆アジで美味しいのですが アジングで釣るのは難しくなってきます。 そこで今回は、自分がやっている豆アジングに ついてご紹介したいと思います。 豆アジでも良いから、アジングがしたい!!っと いう方向けの記事になります。 目次1 タックル2 狙うポイント3 ジグヘッド3.1 フックについて3.2 ガン玉について4 ワーム4.1 34 ジュニア 1.3インチ4.2 ドリームアップ マッカム4.3 がまかつ トレモロ5 まとめ ...

続きを読む

初心者・入門 アジング

釣り初心者のためのアジング入門【ワーム編】

今回はアジングで使用するワームに ついてご紹介していきます。 各メーカー様々な色や形の ワームが発売されています。 臭い付きのものだったり、 発光したりなどなど 各メーカーから沢山のワームが有り アジング初心者の方は何を買って良いか 迷うと思いますが、基本的には何でも釣れます。 釣れる時は何を使っても釣れます。 なので、自分の釣り方に合ったものや 魚のサイズ・好きなメーカーなどなど 自分の中のお気に入りを見つけられるようにしましょう♪ 目次1 ワームについて2 アジング初心者の方におすすめするワーム2.1 ...

続きを読む

初心者・入門 道具 アジング

釣り初心者のためのアジング入門【ジグヘッド】

今回はアジングで使用するジグヘッドに ついてご紹介していきます。 各メーカー様々な形や重さの ジグヘッドが発売されています。 それぞれの特徴を捉えて、自分に合った ジグヘッドを使う事をおすすめします。 目次1 ジグヘッドの形状【ヘッド形状】1.1 ラウンド型1.2 バレット型1.3 矢じり型2 ジグヘッドの形状【フック形状】2.1 ノーマルゲイプ2.2 オープンゲイプ2.3 クローズゲイプ3 シャンクの長さ4 まとめ ジグヘッドの形状【ヘッド形状】 主に3種類あります。 ラウンド型、バレット型、矢じり型に ...

続きを読む

スポンサーリンク

-初心者・入門
-, ,

Copyright© スタートフィッシング.net , 2020 All Rights Reserved.