サビキ 初心者・入門 知識・ハウツー

投げサビキのオモリの使い分け!【初心者必見‼】

2018-06-21

今回は投げサビキで使用する
オモリの重さについて
ちょっとだけ説明したいと思います。
使用している竿が背負える重さを
基準にオモリの重さを決めていると
思いますが、釣り場の状況に合わせて
重さを変えると、釣果がアップするかも
しれません!




オモリの重さの決め方

基本的には、使用しているタックルの
背負える重さを基準に考えますが、
釣り場の状況によってオモリの重さを
使い分ける事で、釣果アップや
飛距離のアップ、トラブル防止などに
繋がりますので、オモリの重さの
使い分けについて書いていきたいと思います。

向かい風の時

これは単純に、飛距離の問題です。
向かい風の場合はどうしても
飛距離が出なくなってしまいます。

もう少し遠くに投げたい時や
風の影響で、投げた時の仕掛けの
飛行姿勢が安定しない時は
重たい錘を付けて投げると
飛距離も伸びると思います。

ただし、ロッドの背負える重さは
必ず考慮してください。
最悪の場合は、ロッドが折れます。

潮の流れが早い時

これは潮の流れが早いと
あっと言う間に潮上から潮下に流れてしまい
直ぐに仕掛けを回収しなくてはなりません。

自分の釣りたいポイントに
長く仕掛けを留まらせたい時に
オモリの重さを変える事で
軽い時よりもゆっくり流す事が出来ます。

また、隣に同じ投げサビキをやっている
人が居る時でも、流すスピードを調整するのにも
使用できます。
隣との関係は大事で、正直隣が下手だと
かなりのストレスになります。

魚のサイズが大きい場合

魚のサイズが大きい場合、
暴れたり、食い上げた時に
オモリが軽いと、仕掛けが絡まりやすく
なってしまいます。
なのでオモリの重さを重くする事によって
仕掛けが絡まるリスクを少なくする事が出来ます。
これは投げサビキだけでなく、
普通のサビキの場合も有効です。


仕掛けのバランス調整

投げサビキの仕掛けでは
一番重たいものがオモリになります。
オモリの次に重たいものは何でしょう??
それは、コマセの入ったカゴです。
カゴがオモリよりも重たい場合は
仕掛けのバランスが悪くなり、
投げた時の飛行姿勢が崩れてしまい
飛距離が落ちたり、仕掛けが絡まったりします。
それを防ぐためには、カゴを小さくするか
カゴの中のコマセの量を減らすか
オモリを重たくするかしかありません。
投げ方で何とかなる事も有りますが、
向かい風の場合は特に注意が必要です。

早く仕掛けを沈ませたい時

水深があるポイントや
潮の流れが速い場所では
オモリを重くする事で
狙っているレンジに早く仕掛けを落とす
事が出来るため、手返しが速くなります。
手返しが速くなれば、魚を釣るチャンスが
増えるので釣果アップにも繋がります。

まとめ

オモリの重さと言う
単純な事ですが、釣りにおいては
このオモリの重さは非常に重要な
要素になります。
これはサビキだけでなく他の釣りでも
オモリの重さで釣果に差が出る事は
珍しい事ではありません。
自分の中でこの状況ならこの重さ!と
言った感じで、オモリの使い分けが
出来てくると、釣果が良くなってくると
思いますので、是非オモリの重さを
調整できるようになってください♪

サビキ釣りをする際は
釣り場が汚れる事が多いので
こぼれてしまったコマセは
キレイに洗い流してください。
そのままにしておくと悪臭を放ち
ハエなども寄ってきて
不衛生な環境になってしまいます。
マナーとして釣り場をキレイにしてから
帰りましょう!

アウトドア&フィッシング ナチュラム

初心者・入門 LSJ

LSJ(ライトショアジギング)とは

LSJ(ライトショアジギング)について 今回はご紹介したいと思います。 LSJのターゲットとしては主に青物になります。 魚が回遊してくれば、初心者の方でも簡単に 魚を釣る事が出来るので人気の有る ジャンルの釣りになります。 目次1 LSJ(ライトショアジギング)1.1 釣れる魚1.2 タックル2 ルアー LSJ(ライトショアジギング) ルアーフィッシングのジャンルの中でも 人気があり、手軽に出来て 小型~大型の魚を狙う事が出来ます。 メタルジグを用いて、堤防や砂浜から 魚を狙います。 釣れる魚 基本的には ...

続きを読む

初心者・入門 アジング

釣り初心者のためのアジング入門【釣り方編】

今回はアジの釣り方について 説明しようと思います。 アジングはリールを巻くよりも リグをフォールさせて食わせるのが 一般的なので、その方法についてご紹介していきます。 目次1 L字釣法2 ドリフト釣法3 リーリング(ただ巻き)4 レンジの探り方5 まとめ L字釣法 自分が最も多用しているのが L字釣法と呼ばれる釣り方です。 自分の狙っているレンジに沈めたら 軽くティップを2~3回動かして 誘いとリグを少し持ち上げます。 その後、ロッドを自分の方に向かって ゆっくりと引いてきます(サビク) そうする事によっ ...

続きを読む

アジング

真夏の豆アジ攻略方法【アジング】

夏になるとなかなか良い型のアジが 釣れなくなり、豆アジのシーズンとなります。 豆アジは豆アジで美味しいのですが アジングで釣るのは難しくなってきます。 そこで今回は、自分がやっている豆アジングに ついてご紹介したいと思います。 豆アジでも良いから、アジングがしたい!!っと いう方向けの記事になります。 目次1 タックル2 狙うポイント3 ジグヘッド3.1 フックについて3.2 ガン玉について4 ワーム4.1 34 ジュニア 1.3インチ4.2 ドリームアップ マッカム4.3 がまかつ トレモロ5 まとめ ...

続きを読む

初心者・入門 アジング

釣り初心者のためのアジング入門【ワーム編】

今回はアジングで使用するワームに ついてご紹介していきます。 各メーカー様々な色や形の ワームが発売されています。 臭い付きのものだったり、 発光したりなどなど 各メーカーから沢山のワームが有り アジング初心者の方は何を買って良いか 迷うと思いますが、基本的には何でも釣れます。 釣れる時は何を使っても釣れます。 なので、自分の釣り方に合ったものや 魚のサイズ・好きなメーカーなどなど 自分の中のお気に入りを見つけられるようにしましょう♪ 目次1 ワームについて2 アジング初心者の方におすすめするワーム2.1 ...

続きを読む

初心者・入門 道具 アジング

釣り初心者のためのアジング入門【ジグヘッド】

今回はアジングで使用するジグヘッドに ついてご紹介していきます。 各メーカー様々な形や重さの ジグヘッドが発売されています。 それぞれの特徴を捉えて、自分に合った ジグヘッドを使う事をおすすめします。 目次1 ジグヘッドの形状【ヘッド形状】1.1 ラウンド型1.2 バレット型1.3 矢じり型2 ジグヘッドの形状【フック形状】2.1 ノーマルゲイプ2.2 オープンゲイプ2.3 クローズゲイプ3 シャンクの長さ4 まとめ ジグヘッドの形状【ヘッド形状】 主に3種類あります。 ラウンド型、バレット型、矢じり型に ...

続きを読む

スポンサーリンク

-サビキ, 初心者・入門, 知識・ハウツー
-, , ,

Copyright© スタートフィッシング.net , 2020 All Rights Reserved.